もしも近所にHなサービスをしてくれる銭湯があったら

銭湯というと、下町によくあって500円くらいでお風呂には入れて・・・ということを想像するかもしれません。
基本的には古くからあって安いけどサービスは「まあ、そんなもんだよね」と思ってしまうことも多いです。
しかし「もしも近所にHなサービスをしてくれる銭湯があったら」に出てくる銭湯は一味違いました。

作中の銭湯も街中にぽつんと佇む普通の銭湯です。
特に外観が目新しいわけでもなく、一流旅館のような情緒ある趣でもなく、ごくごく普通の銭湯なので、目の前を通っても「こんなところに銭湯があったんだ」くらいにしか思いません。
しかし、中に入ってみると・・・・やっぱり普通笑
ただ1点を除いては。

実はこの銭湯の壁に掛けてある看板に「本洗い」というサービスが紛れ込んでいました。
値段は1500円(税別)。
実はこの本洗いこそ、この銭湯の目玉であり、圧倒的な指示を受け続ける理由でもあるのでした。
値段は超がつくほど安いのですが、お相手は銭湯の美人店長の長瀬あき。
彼女がいたれつくせりのサービスをしてくれるので、この銭湯にはお客さんが絶えないのでした。

この銭湯本洗いサービスは他の銭湯では提供していない(というか、提供できない)スペシャルなサービスであり、ある意味体を張りすぎです笑
もし近所にこんな銭湯があったら、家にお風呂があるかどうかにかかわらず、毎日のように通ってしまいそうです。

カテゴリー: おすすめ漫画, おねショタ タグ: パーマリンク